あなたにぴったりの自転車保険は?自転車保険を多面的に比較検証

失敗しない自転車保険の選び方

自転車保険の選び方

ひとえに自転車保険といってもその種類は様々です。単独で申し込み可能なもの、傷害保険や自動車保険の特約として申し込み可能なもの、携帯電話会社やクレジットカード会社の利用者特典として申し込み可能なものなど、本当に沢山の自転車保険が世の中にはあります。こちらのページでは、これから自転車保険に加入する方の為に、自転車保険選びで重要なチェックポイントを紹介しています。自転車保険の契約を検討している方は是非参考にして下さい。

自転車保険選びのチェックポイント

補償内容

まず自転車保険選びで重要になるのが、その補償内容です。ほとんど全ての自転車保険が、自転車事故による傷害と自転車事故による賠償責任をカバーしています。しかしながら、支払われる保険金の額は、加入する保険の種類によって大きく異なります。通院・入院・手術・障害・死亡の場合はどの程度保険金が支払われるのか、また、他人や他人のものを傷つけてしまった場合はどの程度保険金が支払われるのか、注意して確認する必要があります。

特に賠償責任保険金の額は重要です。過去には小学生が自転車に乗っていて死亡事故を起こしてしまい、その保護者に裁判所から9,000万円以上の賠償命令が下ったこともあります。自転車保険には個人向けのもの、夫婦向けのもの、家族向けのものがあります。加入する自転車保険がどの範囲まで補償しているのか、そちらも契約前に注意して確認して下さい。傷害部分と賠償責任部分で補償範囲が異なる保険もありますので細心の注意が必要です。

》個人向けの自転車保険一覧
》家族向けの自転車保険一覧

保険料

次に自転車保険選びで重要になるのが、その保険料です。当たり前の話ですが基本的に補償内容が手厚くなればなる程、保険料がアップします。しかしながら、自転車保険の中には高額な保険料の割に補償内容が十分とは言えないものもあります(特に賠償責任部分)。保険料と補償内容のバランスが取れているのか、複数の自転車保険を比較して理解する必要があります。

また、自転車保険の保険料は毎月、または毎年の出費となります。1ヶ月、1年単位で比べると大きな違いではないかもしれませんが、加入期間が長くなれば長くなるほど、無駄に高い保険料の自転車保険を選ぶことは非常にもったいないことです。ご自身が現在加入している傷害保険や自動車保険に自転車事故用の特約保険が用意されていないか、また、ご自身が利用しているサービスに自転車事故用の付帯保険が用意されていないかを確認することもオススメします。

》特約補償の自転車保険一覧
》付帯補償の自転車保険一覧

自転車保険の賢い選び方

上記の通り自転車保険を選ぶ際には、その補償内容と保険料を十分に理解する必要があります。しかしながら、全ての自転車保険について詳しく調べるには時間と手間がかかります。まずは補償内容と保険料をざっくりと比較して、その後気になるものが見つかったらパンフレット等の資料請求を行うのが、時間と手間がかからず、なおかつ補償内容と保険料のバランスがとれた自転車保険の賢い選び方と言えるのではないでしょうか?

注目キーワード


公開日:
最終更新日:2014/06/23

エアーリンク自転車の責任保険
PAGE TOP ↑