あなたにぴったりの自転車保険は?自転車保険を多面的に比較検証

自転車保険の加入申し込み方法

自転車保険の加入方法

自転車保険の加入方法は大きく分けると、「インターネット申し込み」と「書類申し込み」の2種類に分けられます(セブンイレブン自転車向け保険などの一部例外は除く)。こちらのページでは、それぞれの方法のメリットとデメリットを紹介しています。自転車保険の加入申し込みを検討している方は、是非契約前にチェックして下さい。

インターネット申し込み

メリット

インターネット申し込みのメリットは、なんと言ってもその手軽さです。パソコンやスマートフォンで補償内容や保険料などの契約条件を確認して、そのまま保険の申し込み、支払い手続きを行うことができます。いちいちパンフレットの請求や書類の記入を行う必要がなく、手間や時間をかけずに自転車保険に加入できます。また、書類申し込みの自転車保険に比べ、インターネット申し込みの自転車保険の方が、人件費などのコストをカットできる為、補償内容が手厚い場合が多くなっています。

デメリット

ただ、その手軽さはデメリットにもつながります。インターネット申し込みの場合は、どの自転車保険にしたらいいかを全てご人身で判断する必要があります。これは書類申し込みの場合でも一緒ですが、契約した後、既に加入している傷害保険や自動車保険と補償内容が一部被っていたということがないように、契約の際には細心の注意が必要です。また、インターネット申し込みの場合は、クレジットカードによる保険料の支払いが基本となっています。クレジットカードをお持ちでない方は保険に加入できない場合もあります。

書類申し込み

メリット

書類申し込みのメリットとして、まず挙がるのが安心感です。書類申し込みの自転車保険は、一度は名前を聞いたことがある大手損保会社や大手保険代理店が保険の募集販売を行っていることが多いです。それは、保険契約を行う際の安心感につながると思います。しかしながら、インターネット申し込みの自転車保険も、保険の引受業務は大手損保会社が行っており、これといったメリットにはならないかと思います。

ただ保険代理店経由で契約を行う場合は、既に加入している傷害保険や自動車保険の特約補償を確認してから自転車保険に加入できます。ご人身が加入している傷害保険や自動車保険の補償内容をしっかりと理解していない方、また自転車保険の補償内容などを理解できない方は、一度付き合いがある保険代理店のスタッフに相談してみるのも手かもしれません。

デメリット

書類申し込みのデメリットは、その手間です。書類を記入する手間、パンフレットを請求する手間、保険代理店に問い合わせる手間など、インターネット申し込みでは発生しない手間がかかります。そういった手続きに対応する為、保険会社や保険代理店側はコストをかけています。このコストの分、書類申し込みの自転車保険の方が、インターネット申し込みの自転車保険に比べ保険料が高くなってしまったり、または同じような保険料だけど補償内容が手薄になってしまったりということもあります。

最後に

自転車保険は本当に沢山の種類があります。手間の少なさを優先するのか、サポート力を優先するのか、保険料の安さを優先するのか、補償内容の手厚さを優先するのか、まずはご人身でざっくりとでも基準を決め、いくつかの自転車保険をピックアップし、更にそれらに付いて詳しく調べ比較し、その後加入申し込み手続きを行うというのが無難でしょう。

》インターネット申し込みの自転車保険一覧
》書類申し込みの自転車保険一覧

注目キーワード


公開日:
最終更新日:2014/07/14

エアーリンク自転車の責任保険
PAGE TOP ↑